通信中です...しばらくお待ち下さい
福岡市西区徳永1124 
― 毎日の保育を支え貫いているもの ―

キリスト教に基づく保育 
子どもたちが目に見えない大切なもの、たとえば、愛、信頼、友情、約束、思いやり、勇気、希望、やさしさ等を保育の中で自然に身につけていくことを願い努力を続けています。
さんびかを歌い、お祈りを合わせ、キリスト教の伝統的なお話を聴くことを大切にしています。

恵まれた自然を活かしての保育  
1000坪の広い園庭で、子どもたちは太陽・土・水・風といった自然環境に親しむことが出来ます。
魅力あふれる遊具やお山・砂場も、遊び心と好奇心を豊かに育みます。子どもたちは、かけっこ、なわ跳び、サッカー、砂遊び、虫捕りなどを、のびのびと楽しんでいます。

さまざまな遊びを通じての保育
子どもたち子どもたちは、さまざまな遊びを経験する中で創造性や豊かな感性が育ちます。
園には子どもたちにとって魅力あふれる遊びの素材が備えられています。
また、日常のていねいに準備された教師による保育と共に、専門の講師を招いての「体育遊び・英語遊び」を定期的に取り入れています。
 
完全給食
毎日、ベテランの調理師が手作りのおいしい給食を作っています。
偏食のあるお子さんも、次第になんでも食べられるようになっていきます。
また、お友だちと一緒に食事を楽しみ、仲良く食べることが出来るようになります。アレルギー食にも丁寧に対応しています。 

体力作りに取り組む保育
広々とした園庭を活かしてからだ作りをしています。
また、毎週の体育の時間、運動会、たんれん遠足、マラソンなどを通して、体をじゅうぶんに動かすことの楽しさを経験します。夏には屋内専用プールで水遊びをし、生き生きとした園生活を送っています。